積み重ねで英会話の神様が降りてくる?スピーキング力UPの秘訣!

 

英単語 (3)

 

英会話は英語の中でも特に高度なスキルです!!

英語をネイティブ並にスラスラ話し、自然な表現を使えるようなりたければ、
文法、単語、リスニング、発音などの英語の知識やスキルはもちろん!!

それに加えて「英語に触れる経験」が最も大きなポイントになります。

この「英語に触れる」とは、基礎的な英語の勉強も含め、
英文を組み立てる能力、英語の表現を理解する能力、英語表現との出会い、
その表現が使われている状況の把握など全てを含めた学習を指します。

そして、この学習を積み重ねて経験を積んでいくことで、
徐々に英語表現の幅が広がり「英会話の神様が降りてくる」ようになります。

今回は、そんな「英会話の神様を呼ぶ方法」をご紹介致します!!

 

よく使う英語と使わない英語!!

 

英会話 (1)

 

英会話に限らず、言葉を話す際には個人個人の特徴がよく現れます!!

その特徴とは、その人個人の背景や好みから生まれる言葉の表現方法で、
特に第二言語では、その特徴は色濃く現れる傾向があります。

あなたも英語で「得意な表現」を持っていませんか?

いつも英語を話すと自然に出てきてしまう表現や、
何かワンパーターンな話方ばかりしてしまう。。。みたいなやつです。

 

英会話に慣れてくると、
自分がよく使うワンパターンな英語表現が稚拙に感じてしまい、
ちょっと嫌になってしまったりします^^;

ですが、これは英会話を習得していく上で誰もが必ず経験することで、
むしろ英語が馴染んできた証拠なので、良い傾向だと思います。

 

図で表すとこんな感じです↓ 

英会話 (4)

 

黄色は、いつもよく使う英語

普段からよく使っている英語で、日常的にも触れている英語です。

水色は、結構よく使う英語

黄色ほどではないにしろ、使っている英語で触れている英語です。

オレンジは、たまに使う英語

すぐに理解はできるけど、あまり触れたり使ってない英語です。

紫色は、使わない英語

その存在すら全く意識してない英語です。

 

英会話 (4)

この図を見ても分かる通り、
普段あなたが英語は黄色と水色のゾーンに分けられますが、
そのゾーンの中にある英語であれば自由に楽に使いこなすことができます。

ですが、オレンジ色のゾーンにある英語になると、
黄色や水色のゾーンに比べて少し考えてしまうこともあります。

また、紫色のゾーンの英語は、意識すらしていません!!

。。。とは言え、これらの英語は見たり聞いたりすれば理解できる英語です。

 

図で表すとこんな感じです↓ 

英会話 (5)

 

図のように棒人間君は、背伸びをしないとオレンジ色には届きません!!

この状態が、咄嗟に英語が出てこないという状態なのですが、
オレンジ色のゾーンの英語を黄色のゾーンや水色のゾーンに持ってきて、
多く触れ合って行けば、英語の表現力はドンドン広がっていきます。

ではそのためには、一体どうしたら良いのかを考えてみましょう!!

 

簡単に使えない英語を簡単に使える英語にしよう

黄色や水色のゾーンにある英語は、普段から頻繁に使っている英語です。

つまり、インプットもアウトプットもよく行っている英語になります。

 

図で表すとこんな感じです↓

英会話 (4)

 

では、オレンジ色のゾーンにある英語や紫色のゾーンにある英語は?

使っていない英語、更には全く聞いたことすらない英語です!!

それらを使えるようになるのには、やはり、以下の2点が鍵になります。

・英語表現にたくさん出会うこと(インプット)
・英語を使う練習をすること(アウトプット)

 

なぜなら。。。

人は普段やっていて、何度も出会う事は意識しなくても覚えられるからです。

例えば「How are you?」という英語のフレーズ、
これは中学生の頃、散々触れて使ってきているのでスラスラ話せますよね?

つまり、黄色のゾーンの英語表現です。

あなたが「How are you?」を意識しなくても使えるようになったのは、
何度も何度も繰り返し触れてきたからに他なりません!!

そう考えると英語はやはり「インプットとアウトプットが何より大事」なんですね。

 

英語の神様が降りてくる瞬間!!

 

英語

 

さて、そんなインプットとアウトプットなのですが。。。

インプットとアウトプットを積み重ねると不思議なことが起こってきます。

それはまったく意識していなかった英語が、
考えるまでもなくサラッと口から出てくるようになるという現象です

しかも、降りてくる英語は全く意識すらしていない紫色のゾーンからです。

 

図で表すとこんな感じです↓ 

英会話 (6)

 

なぜ、そんな事が起こるのでしょうか?

それは私達が日本語を、爆発的に話せるようになった瞬間に似ています。

たくさん日本語をインプットし続けてきて、言葉を話し始める幼少期には、
脳の中で日本語の回路がどんどん繋がっています。

英語もそれと同じで、積み重ねると突然その瞬間がやってくるんです!!

そして、その英語の回路を繋げてくれるものは。。。

文法かもしれませんし、単語のニュアンスかもしれませんし、
または、たまたま耳にした英語だったり、本を読んで印象に残った英語だったり、
旅行や留学での経験だったり、様々な出会いでになります!!

 

図で表すとこんな感じです↓ 

英会話 (7)

 

だから、英語は積み重ねが大事なんですね♪

英語を文法や単語など基礎から学ぶ、リスニングやリーディングで英語に出会う、
英語表現をその状況やシチュエーションごと覚えたり感じたりする。

英語では、そういった複合的なインプットとアウトプットが必ず役に立ちます。

また、更にそれらを実際に使って英語を話したり書いたりして経験を積む!!

そうすることによって、意識すらしていなかった紫色のゾーンの英語が降りてくる。

そんな日が突然やってきます♪

なので、英語は必ず基礎からしっかりと積み上げるようにして行って下さいね。

 

前のページ ⇒ 英会話上達!自然な英語を身に付けるための3つの重要なポイント!

最初のページ ⇒ 英会話を始める前に!インプットとアウトプットの差と学習の順番!

無料メルマガ配信 ⇒ 今知っている英語だけで簡単な英会話を習得するには?

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ