「英会話のための英文法」の記事一覧(2 / 13ページ)

英語の時制表現!過去形の使い方!意味や用法・作り方を掴もう!

    英語の時制表現は私達日本人には複雑に感じてしまいますよね? 特に混乱してしまうのが、過去形や完了形といった過去に関わりのある時制で、 それを意識するあまり英語を話せなくなってしまうことがありま・・・

続きを読む»

英語の時制表現!現在形の使い方!意味や用法・作り方を掴もう!

    英語の文章を作る際には、現在形・過去形などの時制を意識する必要があります。 この時制表現を意識して文章を作る際、 私達日本人は、物理的な現在・過去・未来で文章を作ってしまいがちですが、 時制表・・・

続きを読む»

英語の時制の感覚を身に付けよう!分かりやすく理解するために!!

    英会話や英語の勉強で一番苦労するのは「時制」ですよね? 英語の「時制」には「英文の内容を時間軸の上に位置づける働き」があり、 大きく分けて「現在」「過去」「未来」の3種類があります!! そして・・・

続きを読む»

感嘆文の意味と作り方!「what」と「how」の違いと使い分け!!

    英語の配置転換には、これまでお伝えした疑問文の他に感嘆文があります!! 英語は単語やフレーズなどの要素が持つイメージと、 それらの要素の文章内での配置が文章全体の意味を生み出す言語です。 なの・・・

続きを読む»

wh疑問文の使い分け!主語と目的語の引き出し方を習得しよう!

    前回の記事では「wh疑問文」の基本的な作り方と基礎をお伝えしました!! この「wh疑問文」は相手から「具体的な答え」を引き出す疑問文で、 引き出せるものは「時・場所・物・人・方法・理由」など多・・・

続きを読む»

英語の配置転換!基本的なwh疑問文の作り方と基礎を掴もう!

    疑問文には主語と助動詞を入れ替えた「疑問文」の他に「wh疑問文」があります。 この「wh疑問文」は「what、who」などを使ったもので、 相手に「主語」や「目的語」、「何」や「誰」などを尋ね・・・

続きを読む»

英語の配置転換!否定疑問文の作り方と意図や感情を掴もう!

    日本語は疑問文を作る際は、語尾に「~ですか?」などを付けて作る言語ですが、 英語は基本的には、語順を入れ替えて疑問文を作ります!! その理由は、英語は日本語のように助詞などを付けて意味を作るの・・・

続きを読む»

英語の配置転換!付加疑問文の作り方と意図や感情を掴もう!

    日本語に比べると、英語は配置にとても敏感な言語です!! なので、英語では配置を入れ替えた文には「疑問文」や「感嘆文」のように、 通常の文章とは違う「意図」や「感情」が宿ります。 前回は「通常の・・・

続きを読む»

英語の配置転換!基本的な疑問文の作り方と意図や感情を掴もう!

    英語は単語などの分の要素の配置がとても重要な言語です。 それだけに、配置を換える際には何かしら話し手の意図が含まれており、 ネイティブになると聞き手側も配置の転換には敏感に反応します。 中でも・・・

続きを読む»

英会話のための英文法!英語の要素を使って文章を組み立てよう!

    英語は単語を初め、不定詞、動名詞、節など文の要素の配置で内容が決まります。 基本的なルールとしては、まず基本文型のルールがあり、 その基本文型を修飾するために、前から限定・後ろから説明のルール・・・

続きを読む»

英文の要素!修飾語(修飾語位置)での節の使い方を覚えよう!

    英語は文の要素の配置によって、意味や働きなどが変わる言語です。 文の要素は単語を初め、不定詞・動名詞・過去分詞などがありますが、 文の中に含まれる文、つまり節も要素のひとつです。 それらの要素・・・

続きを読む»

英文の要素!主語・目的語(名詞位置)での節の使い方を覚えよう!

    英語は要素の配置によって、文の意味や働きがなど変わる言語です。 不定詞・動名詞・過去分詞のみならず単語ひとつとっても、 文中で「どこに配置するのか?」で意味も働きも変わってきます!! つまり、・・・

続きを読む»

英文の要素!節の基本と使い分け!配置の意識と感覚を習得しよう!

    英語には、不定詞・動名詞・過去分詞など様々な要素があります。 それらの「文の要素」は文中でどの位置に配置されるかによって、 それぞれ「主語・目的語・修飾語としての働き」を発揮するのですが、 要・・・

続きを読む»

過去分詞のイメージと使い方!修飾のニュアンスを掴もう!!

    過去分詞形を使った文は、受動文(受動態)が代表的でよく使われます。 ですが、過去分詞は受動文以外でも使われる機会も多く、 受動文以外の過去分詞を掴まずに、英会話を習得するのは難しいです。 これ・・・

続きを読む»

複雑な受動文の作り方!受動態と不定詞・句動詞の組み合わせ!

    足りないを補う不定詞は受動態とも非常に相性が良く頻繁に使われます。 また複数の単語が集まって1つの動詞として機能する句動詞も、 頻繁に受動態に使われるもののひとつです。 不定詞と受動態、句動詞・・・

続きを読む»

サブコンテンツ

このページの先頭へ