簡単に英語が話せるようになる英会話上達法!お薦め教材まとめ!

 

英会話 (3)

 

英会話は英語のスキルの中でも最も身に付けたいスキルのひとつですよね?

しかし、そのスキルを身に付けるにはどうしても時間がかかりますし、
また、忙しい日々の生活の中で根気強く継続していくことは難しいです。

だからこそ、効率の良い順番で英語を勉強していく事が大事です。

今回は今までご紹介してきたスピーキングの学習についてのまとめと、
具体的な英会話の学習法や注意点、オススメの教材をご紹介致します。

 

英会話を身に付けたたら達成したい目標を決める

 

英会話 (2)

 

英会話の学習をするにあたり、一番大事なのは目的を決めることです。

英語の勉強はどうしても長い戦いになります。

自分の中で「英会話を身につけてどうしたいのか?どうなりたいのか?」
これが決まっていないと、なかなか継続することが難しいです。

なので勉強を始める前に、
「何故、英会話を身に付けたいのか?」「英語が話せると何が変わるのか?」
まずはそれを具体的にはっきりとイメージしていきましょう。

⇒ 英会話を始める前にやるべき事!英語習得の効果的な学習の順番!

例をあげると、海外旅行で楽しく過ごせるだとか、転職して給料がUPするとか、
それを想像するとモチベーションがキープできて勉強もはかどると思いますよ♪

 

英会話で大事な3つのポイント

 

英会話 (4)

 

初心者が英語を話す時に大事な3つのポイントがあります。

1.声の大きさ
2.思い切りの良さ
3.完璧を求めない

その大事なポイントとは以上の3つです。

英語に苦手意識のある人は英語を話す際にどうしても声が小さくなってしまいます。

その結果、相手が聞き取ることができなくて「怪訝そうな顔」をされてしまい、
間違っていると思い込み、萎縮してしまって、ますます話せなくなってしまいます。

会話では相手が聞く姿勢をみせてくれている時は、
多少間違っていても相手も内容を汲み取ろうとして注意してくれるので、
間違いを気にせず、しっかりはっきり話すようにしましょう。

⇒ 英語を話せるようになるために大事な3つのポイント!

では次に具体的なスピーキングの訓練方法を3つ紹介します。

 

瞬間英作文で英語を組み立てる練習をする

 

英会話 (1)

 

私達は学校の授業で問題を解く練習はたくさんしていますが、
自分達で英文を組み立てる練習はほとんどしてきていません!!

その結果、考えれば理解できますが瞬時に理解して話すのが苦手です。

しかし英会話は、相手の言葉を一瞬で理解して返す必要があります。

なので、瞬間英作文で英語を組み立てる訓練をしましょう。

その際に大事なポイントは以下の5つです。

1.簡単な英語をやる
2.まずは正確さよりも速さ
3.書いて練習しない
4.暗記をしない
5.完璧を目指さない

英会話では、第一に相手にしっかり自分の意志や考えが伝わること、
そしてテンポを崩さずに会話を続けることが大事です。

⇒ 瞬間英作文が英会話に役立つ理由と5つの注意点!

最初は上手く話せなくても、練習を繰り返せば話せるようになりますよ♪

 

瞬間英作文にオススメの教材

瞬間英作文の練習をするには「瞬間英作文シリーズ」がオススメです。
とても有名で売れている本なので、知っている方も多いと思います。

英文を作るのに慣れていない初心者の方は、まず初級者用の青い本、
『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』から始めるのがいいと思います。

 

 

試験や問題を解くときは英文を作るのは簡単ですが、
実際に話すと「Does he has to…?」とかメチャクチャな英語になってしまった。

あなたも、そういった経験をしたことありませんか?

瞬間英作文では、英文を組み立てて声に出して練習をするのがポイントで、
その訓練を重ねることで、頭の中で英語を組み立てられる回路ができるので、
話したいことを瞬間的に言うことができるようになります。

⇒ 瞬間英作文の練習にお薦めの本と教材!

このトレーニングは本当に効果があるので是非取り入れてみてください♪

 

英語を英語で考える回路を育てる

 

英会話 (2)

 

英会話に限らず言葉が相手に伝えているものはイメージです。

言語はあなたの考えや感情のイメージを相手に伝えるための道具で、
あなたの感じたイメージが伝わることでコミュニケーションがとれます。

なので、英語を話す時は意味よりもイメージが重要です!!

私達日本人は英語をイメージでなく意味や知識として捉えていますが、
ネイティブは意味や知識ではなくイメージとして捉えます。

 

■日本人の英語の捉え方

・have a pen(ペンを持っている)

※日本人は「have=持つ」といった感じで意味で英語を覚えている。

■ネイティブの英語の捉え方

・have a dinner(夕食をとる)
・have a bath(風呂に入る)
・have a good time(楽しむ)

※ネイティブは「have=近くにある」といったイメージで英語を捉えている。

⇒ 英会話のコツはイメージを捉えること!スピーキング上達の鍵!!

ネイティブの思考と同じように英語を意味ではなく感覚やイメージで捉えると、
英語の捉え方が広がり、英語を聞いたり話すのがラクになります。

 

英語を話す練習をたくさんする

 

英会話 (3)

 

英語を瞬間的に組み立てる練習とイメージで捉える訓練をしたら、
今度は、とにかくたくさん英語を話す練習をするようにしましょう。

英語を話せるようになりたい!!

。。。と言っているのに、普段英語を話していない人が多すぎです。

実際、あなたは毎日どれだけ英語を話していますか?

英語を話したいのであれば、聞いたり、読んだり、書いたりするよりも、
実際に英語を話す練習するのが最も重要で一番効果があります。

お薦めの練習法は「シャドーイング」です。

シャドーイングを実践すると、たちどころに自分の弱点が見えるので、
躓いてしまう部分や詰まってしまう部分を強化することができます。

また英語を話す練習を繰り返すことで、口の周りの筋肉が鍛えられ、
普段から話す訓練ができるので英語が自然に出てきやすくなります。

⇒ 短期間で英語が話せるようになる!英会話を習得する秘訣は○○!

話す練習は「絶対欠かせない訓練」なので必ずやるようにして下さい^^

 

話す練習やシャドーイングにオススメの教材

シャドーイングや話す練習をするには『英語ぺらぺら君』がオススメです!!

この教材には、クエッショニングという手法が取り入れられており、
教材のナレーターが受講者に英語で質問をたくさん投げかけてきます。

その結果、英語を話さなければならないので話す練習がたくさんできます。

 

【英語ぺらぺら君 レッスン3】

⇒ 英語ぺらぺら君のレビューはこちら

 

私達は普段の生活の中で英語で質問を浴びせられることに慣れていません!!

なので、突然英語で質問をされると、しどろもどろになってしまい、
だんだん焦ってきて咄嗟に英語で返すことができなくなってしまいます。

あなたも、そういった経験をしたことありませんか?

しかし、普段から英語を話す練習をたくさんして、
英語の質問にたくさん答えていれば、突然英語で話しかけられても、
慌てることなく反射的に答えられるようになります。

また、この教材は中学生でも分かる簡単な英語のみが使われているので
初心者がシャドーイングの練習をするのにもピッタリです。

巷には数多くの英語教材が出回っていますが、
受身のものばかりで自分で話す練習ができる教材て少ないんですよね。。。

ですが、この教材ならば英語を話す練習が自分一人でできます!!

 

今回のまとめで紹介した3つのスピーキングの練習法!!

1.瞬間英作文
2.イメージで考える
3.話す練習をする

この3つは、耳と口さえ空いていればいつでもどこでもできる練習法です。

英語の勉強はどれだけ英語を勉強したか?時間も大事な要素なので、
仕事のちょっとした空き時間や通勤中や家事の合間などに取り入れて、
学習の時間を積み重ねてレベルアップしていってくださいね♪

 

脱・英会話初心者!自然な英語表現を身につけよう!!

 

英会話 (5)

 

ある程度話せるようにになったら、今度はより自然な表現の練習です。

自然な英会話を習得するためには、以下の3つの方法がお薦めです。

1.大量のインプット
2.シャドーイング
3.瞬間英作文

英会話は大量のインプットが作るといっても過言ではありません。

まずは下の図をご覧ください。

 

英会話 (4)

普段自分が使う英会話を段階的に並べるとこんな感じです。

 

初心者が英語をある程度話せるようになってくると、
自然に使える英語は、黄色と水色のゾーンに限定されます。

実際あなたも英語を話す時にはいつも同じパターンが多くないですか?

もちろん、それだけでもネイティブとコミュニケーションは取れますが、
黄色と水色だけでは伝えたいことが伝えられないことも出てきます!!

そこで必要になってくるのが、オレンジと紫のゾーンの英語なのですが、
使い慣れていないので、使おうとしても思うように口から出せません!!

図にするとこんな感じで背伸びして無理してる状態ですね♪

 

英会話 (5)

 

じゃぁ、それを使えるようになるにはどうしたら良いのかと言うと。。。

まずは、紫とオレンジの英語が使われている状況にたくさん出合い、
それをシチュエーションごとインプットをする必要があります。

⇒ 脱・英会話初心者!スピーキングの幅を広げる3つの英語上達法!

そして、できるだけ多くの英語表現に触れてインプットすることができたら、
今度は次は実際にアウトプットして使うようにして下さい!!

 

英会話は、文法力、語彙力、リスニング、発音、スピーキングなど
英語のスキルが幅広く必要な高度なテクニックです。

一朝一夕では身に付けることができないスキルなので、
目標を持って継続的に効率の良い学習を心がけるようにしましょう♪

 

スピーキングの勉強のまとめ↓

 

英会話 (1)

 

こちらから順に読んで頂くと、どうやったら英会話を習得できるのか?
英語を話せるようになるための重要なポイントや勉強法を紹介しています。

⇒ 英会話を始める前にやるべき事!英語習得の効果的な学習の順番!

 

スピーキング上達の秘訣と勉強法一覧

 

前のページ ⇒ 脱・英会話初心者!英語の神様が降りてくるスピーキング上達法!

次のページ ⇒ 英語と日本語の発声の違いを知ろう!発音上達のためのポイント!

初心者のための無料メルマガ ⇒ まずは旅行で困らない英語力を身に付けよう!!

 




※要望が多かったため作りました!良かったら参考にして下さい(^^)


無料メールマガジン登録

現在メルマガ登録して下さった方には「リーディングの学習法」を配布中です♪


英語の勉強に関する最新情報をお届け♪

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ